スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
初セグウェイ。

大好きな、アミューズメント施設で。

 

 

 

電動立ち乗り二輪車 ”セグウェイ” の、試乗を申し込んだ。

 

 

 

身長、体重、年齢などは、条件クリア。

ドキドキしながら、10分前には集合場所へ。

 

 

オンタイムに、20代らしき男性インストラクター登場。

点呼後、乗り方から、説明が始まった。

 

 

男子大学生3人が、遅れて走って来た。

インストラクターは、腕時計をチラリ。

「時間はきちんと守って頂かないと...」

しーん...

 

 

無事3人も受け入れられ、生徒は、私と旦那と計5名に。

 

 

「まず最初に、姿勢を正して乗っていられるか、腰が引けることなく降りられるか、などを見させてもらいます。

状況によっては、試乗をお断りさせて頂くこともございますので、ご了承下さい」

 

 

オーディション1人目は、私が指名された。

 

「もう少し前へ来て下さい」

を勘違いし、乗り上げようとした瞬間。

 

「勝手に乗ろうとしないで下さい!」

ビクッ!

 

 

...何とか、合格。

 

 

続いて、旦那。

 

乗った瞬間

「アゴを引いて下さい!」

 

 

 

...五重アゴも、何とか合格。

 

 

 

学生たちのオーディション中に、手渡されたヘルメットを装着。

プロテクターの、ヒザへの付け方が分からず、旦那が質問すると、

「ヒジ!」

 

 

 

無事に、全員合格、全員装着。

 

 

「念の為、同意書にサインをお願いします」

 

 

「あ、そんな所に書かないで下さい!」

「ちゃんと年齢も書いて下さい!」

 

親権者の欄にサインしてしまった旦那は、急いで ”50” と殴り書いていた。

 

 

 

 

何はともあれ、セグウェイは「爽快」の一言だった。

 

終盤は、全員が笑顔で、初体験の終了を惜しんだ。

 

 

 

 

 

 

乗る人も、それを見ている人も。

みんなを笑顔にしてしまう天才、セグウェイ。

 

いつの日か、セグウェイで、東京を駆け巡るのを夢見て...

 

 

 

 

 

 

 

まずは、"ひとつも叱られずに乗る" が目標...

日記 | comments(0) | -
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search