スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
すぐ、聞く癖。

芸能人の名前が、覚えられない。

 

 

私 「”とんび” っていうドラマで、佐藤健のお父さん役で、名前の読み方が変わった俳優さんって誰だっけ?」

 

すぐ、聞く癖。

 

旦那「内野聖陽?」

私 「そうだ!」

 

 

 

テレビに映る芸能人と名前の画像を、丸ごと記憶するのがポイントとの事。

言われた通り、一生懸命記憶を探ってはみるものの...

 

 

 

私 「”逃げ得” で、石田ゆり子さんと最後いい感じになる俳優さんって誰だっけ?」

旦那「”逃げ恥” で大谷亮平」

 

ダブルで即対応。

 

...ついつい、Wiki代わりにしてしまうのだ。

 

 

 

 

母 「北海道の子で、”西洋か!” ってギャグの芸人...」

旦那「”欧米か” でタカアンドトシです」

 

 

 

 

 

 

 

一族で、旦那Wiki乱用中...

日記 | comments(0) | -
entry_bottom
冷蔵庫。

冷蔵庫が届いた。


いそいそと、取扱説明書を読んだ。

 

 

「電源は交流100Vで定格15A以上のコンセントを単独で使う」

「湿気の多い所、水気のある場所で使うときはアースおよび漏電遮断器を取り付ける」

 

などの注意事項の中に、

 

「におったり、変色した食品は食べない」
に駐車禁止マークが付けられ、「禁止」と書かれていた。

 




ニヤニヤしながら、ブログネタをメモする私。
 

 

 


メモを見た旦那は、
「勉強熱心やと思ったのに」
と、笑った。

日記 | comments(0) | -
entry_bottom
初セグウェイ。

大好きな、アミューズメント施設で。

 

 

 

電動立ち乗り二輪車 ”セグウェイ” の、試乗を申し込んだ。

 

 

 

身長、体重、年齢などは、条件クリア。

ドキドキしながら、10分前には集合場所へ。

 

 

オンタイムに、20代らしき男性インストラクター登場。

点呼後、乗り方から、説明が始まった。

 

 

男子大学生3人が、遅れて走って来た。

インストラクターは、腕時計をチラリ。

「時間はきちんと守って頂かないと...」

しーん...

 

 

無事3人も受け入れられ、生徒は、私と旦那と計5名に。

 

 

「まず最初に、姿勢を正して乗っていられるか、腰が引けることなく降りられるか、などを見させてもらいます。

状況によっては、試乗をお断りさせて頂くこともございますので、ご了承下さい」

 

 

オーディション1人目は、私が指名された。

 

「もう少し前へ来て下さい」

を勘違いし、乗り上げようとした瞬間。

 

「勝手に乗ろうとしないで下さい!」

ビクッ!

 

 

...何とか、合格。

 

 

続いて、旦那。

 

乗った瞬間

「アゴを引いて下さい!」

 

 

 

...五重アゴも、何とか合格。

 

 

 

学生たちのオーディション中に、手渡されたヘルメットを装着。

プロテクターの、ヒザへの付け方が分からず、旦那が質問すると、

「ヒジ!」

 

 

 

無事に、全員合格、全員装着。

 

 

「念の為、同意書にサインをお願いします」

 

 

「あ、そんな所に書かないで下さい!」

「ちゃんと年齢も書いて下さい!」

 

親権者の欄にサインしてしまった旦那は、急いで ”50” と殴り書いていた。

 

 

 

 

何はともあれ、セグウェイは「爽快」の一言だった。

 

終盤は、全員が笑顔で、初体験の終了を惜しんだ。

 

 

 

 

 

 

乗る人も、それを見ている人も。

みんなを笑顔にしてしまう天才、セグウェイ。

 

いつの日か、セグウェイで、東京を駆け巡るのを夢見て...

 

 

 

 

 

 

 

まずは、"ひとつも叱られずに乗る" が目標...

日記 | comments(0) | -
entry_bottom
お母様。

旦那のお母様が。

 

 

 

「クロスワードパズルでな、ローマ字5文字は出てんねんけど、それが言葉になるはずやねん...」

 

鉛筆片手に、思いあぐねる、お母様。

メモには 「H」「A」「Y」「P」「P」。

 

 

私「”HAPPY” やない?」

 

「あ!そうや!これでまたプレゼント応募できる〜!何度も何度も出してんねんけど、全然当たらへんねん」

 

悔しそうに語る、お母様。

 

 

解答欄には「パッピー」と書かれていた。

 

 

 

「4人乗りのドラゴンに乗ったときなぁ...」

 

ゴンドラを、竜のように語るお母様は、「駅の道」での食事がお好きだとも語った。

 

 

 

お母様は、西国三十三所を礼拝し、御朱印を集めている。

同時に頂ける、漢字が一文字書かれた紙もコレクトしている。

 

 

「あのお寺さんな、御朱印はもらってるのに、漢字の紙がどこにもないねん...」

 

 

先日、一緒にそのお寺へ伺った。

 

 

「ぼけ封じ」の寺だった。

 

 

 

 

 

 

 

お母様の愛しさは、誰にも封じられませんように...

日記 | comments(2) | -
entry_bottom
赤毛のアン。

バスの中で。

 

 

「はやくー、もっとはやく読んで、ねぇ、はやくー」

本を読み聞かせているお父さんに、少女は泣きながらおねだりした。

 

 

「あついー、もう、汗ふいてー、あーん」

梅雨の晴れ間を、少女は泣きながら訴えた。

 

 

 

しばらくして、少女は

「赤毛のアン。赤毛のイン。赤毛のウン...」

 

 

「...赤毛のクン。赤毛のコン」

その瞬間にお父さん

「赤毛のケン!」

 

 

 

 

アンのような三つ編みの少女は、赤毛のチン!と言いながら下車して行った。

 

 

 

 

 

 

"私の経験から言うと、物事は楽しもうと思えば、どんな時でも愉しめるものよ。もちろん、楽しもうと固く決心することが大事よ"「赤毛のアン」第4章。L・M・モンゴメリ:作、松本侑子:訳。

日記 | comments(2) | -
entry_bottom
Siri。
銀行の場所を知りたい旦那。

旦那は、スマホへの入力を面倒がる。
Siri に、口頭質問した。


旦那「大岡山、銀行」


Siri「Wow 岡山 う○こ」


挙句に
Siri「今のは、聞かなかったことにしておきます」






天才 Siri の、小学生レベルの間違いに、お腹がちぎれるほど笑い、その日は一日中ニヤニヤが収まらず、とても苦労した。







はやく、大人になりたい...
日記 | comments(0) | -
entry_bottom
ナニジン。
シンガポールから来た友人に、
「Who is your favorite singer?」
と聞かれた。

間髪入れずに、
「I love BIGBANG」

すると
「I don't know...Who is it?」

驚いた私は、何度も「BIGBANG」と連呼し、
「They are very famous Korean singer」
と言って、スマホで画像を見せた。

「Wow! BIGBANG! I know BIGBANG, and I love them too...」




要は、発音。




AEON に、感情認識ロボット「pepper」がいた。



pepper が旦那に、
「ロボットが、案内するサービスは、いかがですか?」
と質問してきた。

旦那が
「いいと思うよ」
と答えると、

「やったー!よかったー!」
喜ぶ pepper を見て、賢いなぁ、と喜ぶ旦那。




私も!とばかりに、pepper に
「こんにちは!」
と話し掛けた。




pepper は、耳に手をやって答えた。




「え?」
日記 | comments(2) | -
entry_bottom
ウルトラマン。
「なんか、ヒミツを、知ってしまった気がする...」
隣にいた少女が、呟いた。





薄ら笑いで、背中のチャックを写メしてた私。

「なにが、入ってるのかなぁ?」
と、子供声でごまかした。


「うーん...なにかなぁ...人形かなぁ...」
と、一生懸命、考える少女。

あぁ...私は、いつの間に、こんな純を失ったのだろう...



そこへ突然、
「コラ!! はやく上行かないと、ママ待ってるから!!」
少女は抱っこされ、エスカレーターで
「ニンゲン!!」
と答えを得ていた。







しばらくして、トイレから戻った旦那が、
「あ、ウルトラマンや! 一緒に写メして!」
と、ファイティングポーズをとった。





チャックの件は、一応ヒミツにしている。
日記 | comments(0) | -
entry_bottom
原点。
「おぼん de ごはん」というレストランサイトを見ながら、
「ランチ、ここ行こか。おぼん de こぼん」
往年の漫才師へ。




「なぁなぁ、KAT-TUN の”K”って、亀有くんの”K”やねんて」
ナシをアリへ。




なんでこんなに間違うのか、考えあぐねていたら。
母が前に、お笑いコンビ「トータルテンボス」を
「面白いよなぁ、ハウステンボス」
と言っていたのを思い出した。
原点、発見。




私 「宮川一朗太の”ゆとりですがなにか”面白いよなぁ」
旦那「宮藤官九郎やろ」

原点、進化...。
日記 | comments(0) | -
entry_bottom
ランキング。
通りすがりの少年達が。



「あのアンケート、答えた?」
「どれ?」
「クラスで、金持ちになれそうな人ランキング」





それ、ランクして誰が楽しいんだろう。
と、舌打った、私。



心が貧しいランキング、1位...。
日記 | comments(0) | -
entry_bottom
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search